40代視点で選ぶ電子書籍ストア「楽天kobo」編!

漫画

40代の漫画好きさんは紙派と電子書籍派、どちらが多いのかしら。。
私は今のところ、だんぜん紙派なんですが、実は…

電子書籍は老眼の人にこそおすすめ!!

なんだそうですよ。

そうなの??

あーなるほど。。。
文字の大きさが変えられるのが理由らしいです。

確かに老眼になると小さい字が読めないって聞きますね。

いやーこれはこれは…

悲しいかな、決して決して遠くない未来(涙)のため
電子書籍について、いろいろ知っておく必要がありますな!!!

と思った私は、電子書籍ストアについて調べてみることにしました。

若い子と40代の私では着眼点や気になるところが違います!
40代の私視点でいろいろな電子書籍ストアについて、まとめてみることにしました。

今回は「楽天kobo」についてです!

電子書籍ストア「楽天kobo」はこんな方にオススメ!

私と同じ40代母世代の皆さまは「楽天市場」大好きですよねっ?

大好き!ってほどじゃなくっても、よく利用してるよ~って方は多いのではないでしょうか?

なんでも売ってる「楽天」ですから、当然電子書籍ストアだってあります。

その名も「楽天kobo」です!!

品揃え豊富ですし、電子書籍は紙の本より少し安いです。
新刊の発売日は書店と同じです。
しかも日付が変わった0時以降に、家に居ながら読むことが出来るので、書店で購入するより早く読めるんです!

「楽天kobo」は、特にこのような方にオススメしたい電子書籍ストアです。

電子書籍を購入するために新たに会員登録したくない方
「楽天」ヘビーユーザーの方

自分かも?という方、いらっしゃいます?

電子書籍ストア「楽天kobo」について40代視点でまとめてみましたので、よろしければご覧くださいませ~!

40代の方に「楽天kobo」をオススメする理由!

電子書籍を購入するために新たに会員登録したくない方

「楽天市場」を利用されている方であれば、「楽天ID」を持っていますので、電子書籍を購入するために新たに個人情報などを登録する必要がありません。

会員登録ってメンドクサイのもありますが、住所氏名はもちろん、クレジットカード番号の入力を求められる場合もあり、何となく不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


あと、登録するたびにIDとパスワードを設定して、それを覚えて(記録して)おくのがメンドウ。。
下手すると、久々にログインしようと思ったら、分からなくなってログインできない!
なんて経験、ありなせんか?(私はあります。。)
かといって、IDやパスワードの使いまわしは良くないって聞くので、登録先をあんまり増やしたくないと思うのは私だけではないハズ。
(グーグルに覚えてもらうこともできますが、家族と共用だったりすると、ねぇ…)

その点、既に登録してある「楽天」なら心配いりません。
もちろん「楽天ポイント」も、ちゃんと貯まりますよ。

ちなみに、楽天と同じくらい多くの方に利用されている「Amazon」も電子書籍を扱っています。

またドコモユーザーをはじめ、それ以外の方でも登録者が多い「dアカウント」をお持ちの方も、新たに登録することなく電子書籍を購入することができますよ。

いずれも超大手ですし、なんだかんだ安心感が違うかなっと思います。
このふたつについては、また別の記事で詳しく触れることにしますね。

(ちなみに私は「楽天」「Amazon」「dアカウント」すべて数年前より登録済みでした!)

「楽天」ヘビーユーザーの方

「楽天で買えるものは全部楽天で買ってる!」
「買い物はもちろん公共料金の支払いも楽天カード!」
「楽天ポイント貯めるのに命かけてる!」


40代女子、こんな方多いのでは?

そんな「楽天」ヘビーユーザーの方なら、毎月貯まってますよね、楽天ポイント!


「楽天kobo」でも他のお買い物と同様、ポイント払いができます。
なのでポイントだけで電子書籍を購入できます、懐が痛まない!

家族の手前、何となく自分のために漫画を買うのは気が引ける…という方でも、ポイントなら気軽に使えるのでは?


毎月貯まるポイントだけで好きな漫画をコツコツと揃えていく、ってワクワクしませんか?
「楽天kobo」はクーポンやキャンペーンもいろいろありますし、上手に利用してみて下さいね!

「楽天kobo」で本を購入する時の手順

パソコンの場合

まずは「楽天市場」のトップページへアクセスしましょう。
トップページの上の方の真ん中あたりに「カード」「ブックス」「電子書籍」と並んでいますので「電子書籍」をクリック!

すると「楽天ブックス」のカテゴリーの一つである「楽天kobo」のページへ移動します。
「クーポンで○○パーセントoff」とか「ポイントアップ~!」とか「無料○○」とか、とても魅力的な言葉が目に入りませんか?

せっかくですから、できるだけお得に購入したいですよね!ひとまずざーっと目を通してキャンペーンやクーポンの内容を確認しましょう。

そして、右上の初心者マーク「初めての方」をクリックして読んでみましょう。
電子書籍についての説明から、購入方法、読み方まで説明されていますので、しっかり読んでみて下さいね。

買いたい本が決まっている方も、何か良い本がないかな~と思っている方も、まずは「無料作品」を見てみることをオススメします。

何となく電子書籍ってこんなカンジかーというのが分かると思います。
無料作品だけでもたくさんありますし、もしかしたらお目当ての作品が何冊か無料で読めるかもしれないですよ~!

「楽天kobo」の場合は、無料作品を読む時も普通のお買い物のように「買い物かごに入れる」を押します。
「無料作品」を「購入する」というイメージですね。


楽天koboの場合は、と言いましたが、実は「購入」の手続き無しで無料で読める電子書籍ストアもあります。
またそれは別の記事でお知らせします。

無料作品の中から読んでみたい本を選びまして、「買い物かごに入れる」をポチッ!
欲しい本を買い物かごに入れ終わったら、いつものように購入手手続きに進んで、注文確定!

無料作品ですので、もちろん0円です、ご安心下さい。

普段のお買い物ならそのまま商品が届くのを待つばかり♪
ですが、電子書籍の場合は、読むための準備が必要です。

スマホ・タブレット用サイトの場合

スマホやタブレットで見る場合は、少し探しづらいかもしれません。
「Rakuten」のロゴの下、「ジャンル」の文字の横の三本線をタップすると、ジャンルから探せるので「電子書籍・楽天kobo」というところをタップ。

「kobo初めての方へ」をタップして、説明をよく読んでみて下さいね。
あとはパソコンの場合と流れは同じです。

楽天市場アプリの場合

楽天ヘビーユーザの方の中には、楽天市場アプリを使っていらっしゃる方も多いのでは。
アプリの場合は、スマホ・タブレットサイトと違って「ジャンル」を押しても「kobo」は出てきません。


上から「ポイント情報」「お知らせ」「注目のイベント」ときて「あなたはポイント合計〇倍」というところがあると思います。

そこでつつーっと左側にスワイプしていくと「楽天市場アプリ」「楽天ブックス」「楽天kobo」と出てきますので、koboをタップし「詳しく見る」をタップします。

そして、初心者マーク「楽天kobo初めての方はこちら」をタップ。
すると、詳しい説明ページへ飛びますので、そちらのページをよく読んでみてくださいね。

「楽天kobo」で購入した本を読む方法

無料作品やお好きな作品を購入したら、早速読んでみましょう!

パソコン、スマホ、タブレット、どのデバイスで読みましょうか?

どれか一つでしか読めない、ってことはありません。
購入した作品は同時にどのデバイスでも読むことができます。

ある意味一つの作品を何冊も持っているような感じ?
そう考えるとなんだかお得ですよね?

後々パソコンを買い替えたり、スマホを機種変更しても、新しいデバイスで読むことができますので、イメージとしては購入した作品を「ダウンロードできる権利」を買った、と考えても良いかもですね。

ただし無料作品に関しては限定無料の作品もあるので、永久に無料で読めるわけではないのでご注意を。
当然、有料で購入した作品については、ずっと読めますのでご安心下さいね。

「楽天kobo」の場合、パソコンで読む場合も、スマホやタブレットで読む場合も、無料のアプリをダウンロードする必要があります。

そこがちょっとメンドウな部分ではあるんですが、アプリで読む電子書籍ストアの場合(楽天のほかにも多数あります)、オフライン(ネット環境が無いところ)でも読めるというメリットがあるんです。

自宅などwifi環境のある場所であらかじめダウンロードしておけば、外出先でもどこでも、ギガを消費することなく読めます。

こちらでご紹介するより、先ほどの「初めての方へ」のページを見ながらダウンロード作業する方がスムーズだと思いますので、もう閉じてしまった方はこちらから飛んで下さいね。

こんな方には「楽天kobo」はオススメしません(デメリット)

楽天koboは、アプリを使わないと読めないので「お試しで気軽に」読む感じではありません。
アプリなしで読める電子書籍サイトもありますので、登録などが面倒でなければ、そちらの方が良いかもしれませんね。


「楽天」ユーザーであれば、そのデメリットを差し引いても、「楽天kobo」を利用する価値があると思います。
普段あんまり「楽天」って使わないなーって方には、他のストアの方がメリットがあるかもです。

でも、条件付きですが20%割引で買えることもありますので、要チェックですよ~!

この機会に「楽天市場」と「楽天kobo」をガンガン利用して、ポイント貯めちゃうのも良いかもです。
楽天のポイントはかなり貯まりやすいですし、貯まったポイントは楽天edyに変えておけば、電子マネーが使える店舗で普通にお買い物できますので、ほんとオススメです。

まとめ

今回は「楽天」ユーザーにとってメリットしかないのでは?
という電子書籍ストア「楽天kobo」についてまとめてみました。

こちらの記事が、少しでも電子書籍ストア選びの参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました